お知らせ

06 5月 2021

御鎮座五百年御社殿改修事業 社殿の曳家工事について(5月13日更新)

御鎮座五百年に向けて計画を進めております御社殿の改修事業は、令和三年二月に執り行われました仮遷座祭以降本格的に工事が始まり、五月現在当初の計画通り順調に工事が進められております。御奉賛にご協力頂いております氏子崇敬者の皆様に厚く御礼申し上げます。 工事の中核であります御社殿の曳家工事の日程について多くの方々よりお問い合せを頂いておりますので、ここにご案内申し上げます。 新型コロナウィルス感染症に関わる緊急事態宣言発令中の為、大きな混乱を避ける為直前でのお知らせとなりました事をお詫び申し上げますとともに、皆様におかれましては何卒ご理解賜りますよう謹んでお願い申し上げます。 <本殿曳家> ・令和3年5月7日 本殿部曳家完了致しました。 ◆当日の曳家の様子を映像作家の宮部勝之氏が撮影・編集して下さった動画は以下のリンクよりご覧になれます。 <▼宮部勝之氏YouTube>

01 5月 2021

日本樹木遺産委員会による「ケンポナシ」の樹の診断と治療について

品川区指定天然記念物に登録されている当社境内の「ケンポナシ」が、この度日本樹木遺産委員会様により診断と治療を実施して頂く事が決定致しました。 新緑の季節となり、ケンポナシも青々と若葉を茂らせ始めております。 一見元気に見えるこのケンポナシ、樹齢は300年近いとも言われる老木であり樹木医さんや専門家さんによる調査で樹勢は衰えている傾向にあるとのことでした。 品川区設置の案内板には、『近年、ケンポナシは都区内ではほとんど見られなくなった木で、その存在は貴重である。』とも記載されております。 この貴重な樹をより永く、より健康に守り続けてゆく為にはどのようにすれば良いのかと思料しておりましたところ、樹木医である後藤瑞穂様よりご提案頂き『日本樹木遺産制度』による診断ならびに診断を依頼する運びとなりました。 日本樹木遺産委員会の皆さま、今回の診断・治療にご協力下さる日本電灯電力販売株式会社の皆様に心より御礼申し上げますとともに、氏子崇敬者の皆さまにおかれましてはケンポナシのこれからの生育をあたたかくお見守りいただけますよう職員一同謹んでお願い申し上げます。 【戸越八幡神社のケンポナシ】昭和五十三年二月十四日品川区指定天然記念物指定 ケンポナシはクロウメモドキ科に属する落葉の高木で、夏に淡い小さい花をたくさんつける。 実は球形で、九月から十月に常黒色に熟し、甘味があって食べられる。 本樹の幹の周りは役2.5メートル、高さは18メートルあり、推定の樹齢は二百五十年から三百年である。 もと、幹は二本立ちであったが、右側が枯れてなくなり、現在は一本立ちである。 近年、ケンポナシは都区内ではほとんど見られなくなった木で、本樹の存在は貴重である。 <平成八年三月三十一日 品川区教育委員会 設置看板より> 5月2日に実施されます診断や治療の様子はどなた様でも見学頂けます。 ※詳細につきましては以下をご参照下さい。 日本樹木遺産委員会による「ケンポナシ」診断と治療 <▼日本樹木遺産HP> https://www.treeheritage.jp…

26 2月 2021

御鎮座五百年御社殿改修記念事業 仮遷座祭斎行のご報告

まずはじめに、新型コロナウィルスの影響に鑑み感染予防に万全を期すとともに自粛しての斎行では御座いましたが、お蔭様をもちまして令和三年二月十八日に滞りなく仮遷座祭を執り納めることが出来ましたことを御報告申し上げます。ご多用の中仮遷座祭にご参列賜りました氏子総代、世話人会の皆様、氏子崇敬者の皆様、また御鎮座五百年記念事業にご奉賛とご協力を賜りました皆様に謹んで御礼申し上げます。 記念事業の中核である御社殿の改修、銅板屋根葺き替え、曳家工事につきましては、年内の完了を目指し計画を進めて参ります。 江戸時代(安政二年)御造営の貴重な御社殿を後世に末永く残す為の大事業となります。御神徳の益々の高揚と共に伝統文化の継承、発展、時代に沿った新たな文化の発信を志すと共に氏子崇敬者の皆さまをはじめご参拝下さる皆様の心の拠り所となるような神社を目指し職員一同精進して参る所存で御座います。 改修工事が本格的に始まりますが、御社殿改修ならびに改修に伴う諸々の境内整備についての御奉賛は引き続き承っております。 新型コロナウィルスの早期終息を御祈念申し上げますとともに、今後一層の御崇敬と御後援を賜りますよう謹んでお願い申し上げます。 令和三年十二月の工事完了までの期間のご参拝につきましては、以下の通りとさせて頂きます。 《一般参拝》 ・御社殿前の仮拝所にてお参り頂けます。 ※春日社・稲荷社のご参拝も仮拝所にてお参り頂きますようお願い申し上げます。 《昇殿参拝》(初宮参り・安産祈願・厄除祈願・病気平癒・合格祈願・諸々祈願など) ・授与所にてお申込みの上、仮殿(社務所内)にご昇殿頂き一組様ずつご祈祷申し上げます。 ・昇殿参拝のお申込み方法は下記をご参照下さい。 【平日】事前にご予約を承ります。ご希望の日時と祈祷木札の拝受をご希望の方は御氏名をお伺い致します。 【土・日・祝日】ご予約の必要は御座いません。午前九時~午後四時までの間に授与所にてお申込みを承ります。 ※土・日・祝日の昇殿参拝につきましてはご予約の必要は御座いませんが、名入りの祈祷木札をご希望される方は事前にお名前をお伝え頂けますとなるべくお待たせせずにご案内することが出来ます。 工事期間中皆さまにはご不便をお掛け致しますが、ご理解とご協力の程宜しくお願い申し上げます。

21 12月 2020

年末年始のご参拝と授与品の頒布等について

今年もいよいよ残すところ僅かとなりましたが皆さまに於かれましては益々ご健勝の事と心よりお慶び申し上げます。 また、未だ収束への道が見えない新型コロナウィルス禍におきまして、感染症によりお亡くなりになられました方々のご冥福を心よりお祈り申し上げますと共に、罹患された方々の一日も早いご回復を心よりご祈念申し上げます。今現在も緊迫した医療現場の最前線で懸命に治療に当たられておられます関係者の皆様には、心より感謝申し上げます。そして一日も早く収束の道筋が照らされお一人おひとりが心穏やかに過ごせる日が迎えられますよう心よりお祈り申し上げます。 コロナに始まりコロナに終わってしまった様な異様な一年ではございましたが、コロナのお蔭でマスクをせずにいられる日常、何の不安も無く過ごせた日々がどんなに有難かったことか気づかせて貰うことも出来たのではないでしょうか。私達にとって必要なことや無くても良かったものなど、改めて様々なことを考えさせられた一年でもあったと思います。『神さまは必要な時に必要な試練を与えて下さる』とはよく申します。それを有難い学びの機会と捉え成長することが出来るか出来ないか はそれぞれの受け止め方次第だと思います。困難を嘆き絶望するのでは無く、乗り越える為に自分が今すべき事を冷静に見つめ直し、皆さまと共に勇気と希望を持って新たな年をお迎えしたいと心から願っております。 新しいお年が必ずや皆さまに取られまして良いお年となります様、宮司を始め職員一同心よりご祈念申し上げ本年結びのご挨拶とさせて頂きます。 コロナ禍における令和三年の初詣、新年の縁起物の拝受につきまして皆さま多くの不安もおありと拝察いたします。 神社としての予防対策の徹底(下記の注意点をよくお読み下さいますようお願い申し上げます。)はもちろんですが、ご参拝をお考えの皆さま方に於かれましてはどうかご自身とご家族様のご健康を第一にお考え頂き各自の予防対策の実施にご理解ご協力を賜ります様お願い申し上げます。 ※正月三が日は大変な混雑が予想されます。四日以降の平日のお参りなどなるべく混雑が予想される日や時間帯を避けてご参拝されます事を推奨致しております。 ※今後の状況や行政の発表や指導があった際は告知なく対応を変更させて頂く場合もありますので、何卒ご理解ご協力の程宜しくお願い申し上げます。 【 年末年始の御参拝についてのお願いとご注意 】 ・発熱や咳などの症状がある方は境内への入場をご遠慮下さい。 ・新年三が日は正面鳥居より一方通行となります。また境内が密になる前に入場制限を実施させていただく場合がございます。その際は前後の間隔を空けられましてお静かにお並び下さい。 ・境内に入られましたら参道の足元の目印に合わせてお進みいただきます。 ・手水舎はご使用頂けませんので、どうぞ予めご自宅などで手洗いをお済ませの上各自手指の消毒をお済ませの上、お参り下さい。 ・境内での御飲食は出来ません。(お祝いの樽酒も境内ではお飲み頂くことが出来ません、お持ち帰り頂きご自宅にてお召し上がりください。尚お持ち帰り用樽酒の準備数には限りがございます。予めご了承下さい。) ・新年の新しい御神札やお守り・縁起物等は12月21日より授与所にてお分かち致しております。お早めにお受け頂くことをお薦めしております。 ・昇殿参拝をご希望の方、おみ足のお悪い方(杖をついておられる方や車いすでのご参拝の方など)はお並び頂かずにお参り頂けるように致しますので、境内に神職や巫女がおりましたらご遠慮なくお声かけ下さい。(※状況によってはすぐにご案内出来ない場合がございます。ご参拝の皆さま方のご理解ご協力を宜しくお願い致します。) お一人お一人の優しさと思いやりにより皆さまに気持ち良くご参拝頂けますよう、皆さまのご理解とご協力を謹んでお願い申し上げます。 御鎮座五百年記念事業の御社殿改修に伴いまして、現社殿でのご奉仕は最後となります。是非密を避けられました上でご参拝いただけますようお願い申し上げます。 ご質問、ご不明な点等はご遠慮なくお問合せ下さい。…

02 10月 2020

例大祭斎行の御報告とホームページ更新の遅延について

まずはじめに、新型コロナウィルスの影響に鑑み感染予防に万全を期すとともに自粛しての斎行では御座いましたが、お蔭様をもちまして令和二年九月十二日に滞りなく例大祭を執り行うことが出来ましたことを御報告申し上げます。ここにご奉賛、ご協力を賜りました皆様に謹んで御礼申し上げます。 新型コロナウィルスの早期終息を御祈念申し上げますとともに、今後一層の御崇敬と御後援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。 例大祭の斎行に伴い、ホームページの更新は九月中旬を予定しておりましたがシステムの不具合が見つかり現在も復旧作業を進めている状況で御座います。御朱印の申込等で更新を心待ちにして下さっている皆様には心よりお詫び申し上げます。(十月一日現在、仮復旧致しましたので九月、十月御朱印のご案内を掲載させて頂きます。) 九月分の御朱印申込をお考えの方は十月分と合わせてのお申込みも承りますので、是非ご検討の上お申込み下さいますようお願い申し上げます。

14 8月 2020

八月十五日授与所受付時間について

八月十五日は午前九時より当社御由緒に基づく御神事、午前十一時より境内忠魂碑前にて慰霊祭を執り行います。 つきましては、八月十五日の授与所受付時間を以下の通り変更させて頂きます。 ご参拝の皆様におかれましては、何卒ご理解賜りますよう心よりお願い申し上げます。 【授与所受付時間】※ご神事、慰霊祭を執り行います時間帯は授与所受付を一旦休止させて頂きます。 ・午前9時30分~午前11時 ・午前11時40分~午後4時

16 4月 2020

ご朱印対応についての大切なお知らせ

この度、新型コロナウィルス感染症によりお亡くなりになられました皆様のご冥福を心よりお祈り申し上げますと共に、感染されました皆様の一日も早いご回復を心よりご祈念申し上げます。 また、今現在も緊迫した医療現場の最前線で懸命に治療に当たられておられます関係者の皆様には、心より感謝申し上げますと共に神様のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。 東京都でも新型コロナウィルスに関する非常事態宣言の解除が発表されましたが、依然日常生活の中に新型コロナウィルスは潜んでおり感染拡大の第二波の発生を抑える為にも個々の対策や自粛が求められる状況には変わりがありません。 六月には月次祭を控え、月限定の御朱印の頒布に伴い境内の混雑も予測されることもあり、職員間ならびに都内外の神社関係者とも協議を重ねた結果六月一日以降も当面の間は御朱印の書き置きでの対応を継続させて頂くこととなりました。 皆様におかれましては、何卒ご理解ご協力いただけます様職員一同心よりお願い申し上げます。 ◆6月1日~当面の間(※実施期間は状況に延期させて頂く場合が御座います、ご理解賜りますようお願い申し上げます。) ・御朱印は全て書き置きでの頒布とさせて頂きます。 ※お誕生日の特別御朱印や書置き御朱印の内容につきましては、御朱印頁をご覧くださいますようお願い致します。ご不明な点など御座いましたら、ご遠慮なくお問合せ下さい。 皆様の健康とご無事、そして穏やかな心で日々を過ごすことが出来ますようご祈念申し上げております。 戸越八幡神社 職員一同  

11 4月 2020

ご参拝の皆様へ大切なお知らせ(『緊急事態宣言』を受けての対応について)

新型コロナウィルスに関わる『緊急事態宣言』を受けて、感染拡大防止への取り組みとして当社では5月6日まで以下の通り対応を実施させて頂きます。実施期間等につきましては、政府や自治体の要請などによって変更させて頂く場合が御座います。急なお知らせではございますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。 発熱や咳の症状がある方の参拝はご遠慮いただいております。また、マスクの着用や境内にご用意しております石鹸での手洗いの徹底、ご自身での除菌対策を心がけて頂くよう引き続きご協力をお願いしております。 《年中行事》 ◆5月5日菖蒲祭の一般参列、ならびに子供相撲大会の開催は中止とさせていただきます。 《一般参拝》 ◆ご参拝頂けます。 ※御鈴、御祓串を使用される方は、ご参拝後の手洗いをお願い致します。 《昇殿参拝》 ◆ご予約(土・日・祝日も含む)の上、一組様ずつご参拝頂いております。 ※社殿内の窓を開放し、席間を開けた上でご祈祷をお受け頂きます。 《授与所》授与品、御朱印帳、初穂料の受け渡しは三方等を用い、職員はマスク、手袋を着用した上一定の距離を取ってのご対応とさせて頂きます。 【御朱印につきまして】 政府からの自粛要請期間中は以下のご対応とさせて頂きます。 当社のお近くにお住まいで、歩いてご参拝いただけるご体調に問題の無い方以外は基本的に郵送にてのご対応とさせていただいております。 その場合、送料および着払い手数料等がかかりますので予めご了承いただけます方へお分かち申し上げております。 ◆詳しくは『御朱印』ページをご覧下さい。 書き置きの御朱印に関しましては以下特別対応をさせて頂きます。 <卯月限定御朱印> ・ご希の方へは5月中もお分かち申し上げます。日付はすべて四月吉日とさせていただきます。 ・特別対応実施期間中は、ご希望の方へは郵送(代金引換)にてお分かち致します。…

19 3月 2020

チャリティーコンサート開催中止のお知らせ

3月20日(金)に境内での開催を予定しておりました、チャリティーコンサートは新型コロナウィルスの感染拡大予防の観点から職員および参加アーティストとの協議の結果、中止することと致しました。 コンサートを楽しみにされておられました皆様、開催にご尽力いただきました関係者の皆様には多大なるご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。 尚、ご参拝、昇殿祈祷、御朱印・授与品の頒布は通常通り承っておりますが、コロナウィルス感染防止策としまして石けんでの手洗いの徹底などご参拝の皆様のご協力をお願いしております。 ウィルス拡大の収束と感染された方々の一日も早い回復、そして皆様の心の平穏と身体のご無事を心よりお祈り申し上げます。

14 3月 2020

御朱印の頒布について大切なお知らせ

【御朱印頒布についての重要なお知らせと戸越八幡神社の想い】 ◇現在世界各地での新型ウィルスが猛威を振るっており、各国、各自治体、各家庭における予防策の重要性が取り上げられております。この度のウィルスは油膜にて守られているということが大きな特徴という見解もあり、アルコールによる消毒は勿論、石鹸にて丁寧に手洗いし手を清潔に保つ事が非常に有効な予防策であると言われております。 当社では職員一同常に手洗いを励行しておりますが、ご参拝の皆さまにおかれましては当分の間石鹸をご用意しておりますので、昇殿参拝をご希望の方と御朱印の授与をご希望の方につきましては石鹸での手洗いの徹底にご協力頂けますようお願い申し上げます。 また、手指や御朱印帳の除菌・殺菌消毒などの対策に関しては皆様ご自身で心がけて頂くことが何よりも大切であると考えております。 是非、携帯スプレーやウェットシートなどは各自ご持参いただくよう宜しくお願い申し上げます。 咳や発熱等の自覚症状がある方につきましては、症状が回復されるまではご参拝は極力お控え頂けますよう心よりお願い申し上げます。 御朱印の頒布につきましては休止・自粛を選択される寺社も多く、当社でもその対応について議論を重ねて参りましたが、境内という開放空間であること、石けんによる手洗いの徹底による予防策の有効性などから、ご参拝の皆様のご協力のもとにこれまで通り受付させて頂く事を決定した次第で御座います。このような時にこそ、神社参拝により御神威をいただくと共に、木々に囲まれた清らかな空間の中で心を癒やし、少しでも心穏やかに、少しでも明るい気持ちでお帰りいただくことを宮司をはじめ、職員一同切に願っております。 ご協力頂けない方がおられる場合は、御朱印の頒布をお断りさせて頂く場合もございます。そして今後の御朱印の頒布について休止措置の実施もやむを得なくなると考えております。 ご参拝の皆様におかれましては、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。