七月(文月)の特別御朱印について

七月(文月)の特別御朱印

◆朔日(ついたち)特別御朱印《金》

•7月1日〜31日
毎月朔日限定で御朱印帳に直接お書き致します。
毎月お受け頂く事により、より多くの福が集まると言われております。

※お朔日以外でご希望の方には、御神前にてご祈祷致しました書き置きを各日枚数限定でお頒かち申し上げます。


◆文月特別御朱印≪七夕天の川特別限定≫

≪天の川(文月)≫
7月1日〜7月6日、7月8日~7月31日 各日10体限定
五節句の一つに数えられる七夕。諸説ありますが、もともと日本に古くから伝わる行事と中国から伝わったという彦星と織姫の伝説や行事等が合わさり時代と共に変化を遂げながら江戸時代に広く一般庶民の行事として広まっていったと言われております。七夕行事にちなみ、天の川と願いを込める短冊を心を込めて押印致しました。文香と共にお分かち申し上げます。

※1日~6日、8日~31日まで各日限定数で書き置きのお頒かちとなります。一日毎にご用意出来る数には限りがございますので予めご了承下さい。お一人様一体とさせて頂きます。

≪天の川(七夕)≫
7月7日~ 200体限定
七夕当日の特別限定御朱印。ご神前撤下品と共にお分かち致します。

※ご神前にてご祈祷申し上げました書き置きでのお分かちとなります。準備数(200体)が無くなり次第頒布終了となりますので予めご了承下さい。お一人様一体までの頒布とさせて頂きます。


◆水無月特別御朱印【クマ】

・7月9日〜31日
自然の恵みへの感謝を祈念致しました限定御朱印です。

※見開きサイズの書き置きでのお頒かちとなります。


◆水無月限定御朱印【朝顔】

•7月1日~31日
朝顔など夏の風物詩を取り入れた涼やかなデザインの御朱印です。

※見開きサイズの書き置きをお分かち致します


◆月(水無月)限定御朱印

・7月1日〜31日
こちらは月毎の期間限定御朱印です。
季節の行事や草花、野鳥等を題材にしております。
期間中はいずれも御朱印帳にお書き致します。

《受付時間》
・午前九時〜午後五時(※平日は12時~13時の間で昼休憩を設けさせて頂く場合が御座います。)

※7月1日、7月7日は月次祭の斎行、特別御朱印の頒布等につき混雑が予想されます。御朱印帳をお預かりしてからお渡しする迄の時間を考慮し御朱印帳への直書きによる頒布の受付時間を早めさせて頂く場合が御座います。筆耕、押印者ともにできる限り早く皆様にお返し出来るよう心掛けております。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。尚、福めぐり(八社めぐり)の押印、書き置きでの頒布受付は午後五時まで承りますので授与所にてお申し付け下さい。

《御朱印をお受けになる皆様へ》

・書き置きの限定御朱印は準備数が無くなり次第終了とさせて頂きます。御朱印によっては準備数が限定されるものも御座いますのでご了承下さいますようお願い致します。
・帳面へ直接お書き致します御朱印につきましては、御朱印帳の種類やサイズ、書き手によって画像のデザインとは若干異なる場合がございます。
又、混雑状況によりお渡し迄に時間を頂戴する場合がございますので、ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

・万が一お受け頂いた御朱印についてのお問合せやご意見、不都合などがございましたらご遠慮なくお申し付け下さいますようお願い申し上げます。

 

父の日特別限定御朱印

◆父の日特別限定御朱印

•6月7日〜
父の日を祝い三百体限定でお頒かち致します。ご一緒にお祝いメッセージカードまたはステッカーをお選び頂けます。
※御神前にてご祈祷致しました書き置きを200体限定でお頒かち申し上げます。準備数が無くなり次第受付を終了させて頂きますので、予めご了承下さい。

六月(水無月)の特別御朱印について

六月(水無月)の特別御朱印について

◆朔日(ついたち)特別御朱印《金》

•6月1日〜30日
《金》
毎月朔日限定で御朱印帳に直接お書き致します。
毎月お受け頂く事により、より多くの福が集まると言われております。

※お朔日以外でご希望の方には、御神前にてご祈祷致しました書き置きを各日枚数限定でお頒かち申し上げます。


◆災難除け紫陽花特別御朱印

6月1日〜6月16日
水無月の代名詞紫陽花。全ての花びらを一つ一つ重ねる様に手押し致しました特別な御朱印です。専用の錦袋に収めたお清めの塩と共にお頒かち致します。

※1日より16日まで各日限定数でお頒かち致します。一日毎にご用意出来る数には限りがございますので予めご了承下さい。15、16日はより多くの方にお授けさせて頂けるよう準備致しております。


◆夏越の大祓特別限定御朱印

 

6月1日〜6月22日

6月28日午後二時より斎行致します夏越の大祓式を祈念しご神前にてご祈祷致しました特別御朱印です。6月1日~6月22日まで各日限定数にてお頒かち致します。形代の文字色は10日毎に変更させて頂きます。

 

・6月28日~

夏越の大祓式が斎行される6月28日限定でお頒かち申し上げます。印と配色が異なる特別な御朱印です。大祓にちなみ専用の錦袋に収めたお清めの御塩とともに頒布致します。巴紋、形代の文字色は赤と青の二色をご用意致します。

※御神前にてご祈祷致しました書き置きを200体限定(赤、青各100体)ご用意致します。


◆水無月特別御朱印【クマ】

・6月1日〜30日
各地で行われる御田植、自然と食物への感謝を祈念致しました限定御朱印です。

※見開きサイズの書き置きでのお頒かちとなります。


◆水無月特別御朱印【茅の輪くぐり】

・6月1日〜30日
夏越の大祓で行われる御神事、茅の輪くぐりをデザイン致しました。ご神前にてご祈祷申し上げました。

※見開きサイズの書き置きでのお頒かちとなります。


◆月(水無月)限定御朱印

・6月1日〜30日
こちらは月毎の期間限定御朱印です。
季節の行事や草花、野鳥等を題材にしております。
期間中はいずれも御朱印帳にお書き致します。

※画像左側の御朱印の配色は週ごとに変更致します。

《受付時間》
・午前九時〜午後五時(※平日は12時~13時の間で昼休憩を設けさせて頂く場合が御座います。)

※6月1日は月次祭の斎行ならびに境内にて『八満マルシェVol.4 』が開催されます為、大変な混雑が予想されます。御朱印帳をお預かりしてからお渡しする迄の時間を考慮し御朱印帳への直書きによる頒布の受付は午後三時までとさせて頂きます。筆耕、押印者共に気持ちを込めてできる限り早くお返しするよう心掛けております。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。尚、福めぐり(八社めぐり)の押印書き置きでの頒布受付は承りますので授与所にてお申し付け下さい。

《御朱印をお受けになる皆様へ》

・書き置きの限定御朱印は準備数が無くなり次第終了とさせて頂きます。御朱印によっては準備数が限定されるものも御座いますのでご了承下さいますようお願い致します。
・帳面へ直接お書き致します御朱印につきましては、御朱印帳の種類やサイズ、書き手によって画像のデザインとは若干異なる場合がございます。
又、混雑状況によりお渡し迄に時間を頂戴する場合がございますので、ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

母の日特別限定御朱印

◆母の日特別限定御朱印

•5月12日〜
母の日を祝い三百体限定でお頒かち致します。ご一緒にお祝いメッセージカードまたはステッカーをお選び頂けます。
※御神前にてご祈祷致しました書き置きを三百体限定でお頒かち申し上げます。準備数が無くなり次第受付を終了させて頂きますので、予めご了承下さい。

五月五日の御朱印頒布について

平素より多くの方にご参拝頂いております事、心よりお礼申し上げます。

五月五日は菖蒲祭の斎行ならびに子供相撲大会実施の為、御朱印は書き置きのみのお分かちとさせて頂きます。ご参拝の皆様におかれまして何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

皐月限定御朱印

◆新元号『令和』特別御朱印

•5月1日〜
新元号『令和』を祝い皇室の弥栄、国家の隆盛をご祈念申し上げました限定御朱印です。
※御神前にてご祈祷致しました書き置きを各日枚数限定でお頒かち申し上げます。


◆朔日(ついたち)特別御朱印《白金》

•5月1日〜
《白金》
特別な月の朔日限定で一年を通して数回のみのお頒かちとなっております。
今回は5月1日に限り御朱印帳へ直接お書き致します。
※お朔日以外でご希望の方には、御神前にてご祈祷致しました書き置きを各日枚数限定でお頒かち申し上げます。


◆菖蒲祭・こども相撲大会特別御朱印

 


•5月5日〜
5月5日に斎行致します菖蒲祭と同日に行われるこども相撲大会を祝した御朱印です。
※御神前にてご祈祷致しました書き置きを各300枚限定でお頒かち申し上げます。


◆皐月特別御朱印

•5月1日〜
端午の節句(菖蒲の節句)を祝い、御神前にてご祈祷申し上げました限定御朱印です。
※見開きサイズの書き置きでのお頒かちとなります。


◆皐月特別御朱印

・5月1日〜
野生動物たちがすめる豊かな森の再生・保全と願うと共に自然への感謝を祈念致しました限定御朱印です。

※見開きサイズの書き置きでのお頒かちとなります。


◆八の日限定御朱印

八幡神社にちなみ、毎月、八の付く日(8日、18日、28日)限定で直接御朱印帳にお書き致します。
※8の付く日以外は、書き置きにてお頒かち致しております。


◆月(皐月)限定御朱印

・5月1日〜31日
こちらは月毎の期間限定御朱印です。
季節の行事や草花等を題材にしております。
期間中はいずれも御朱印帳にお書き致します。

《御朱印受付時間》
・午前九時〜午後五時

※5月1日~5月6日までは大変な混雑が予想されます。御朱印帳をお預かりしてからお渡しする迄の時間を考慮し受付時間を早めさせて頂く場合が御座います(午後三時、午後三時半等)。筆耕、押印者共に気持ちを込めてできる限り早くお返しするよう心掛けております。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

《御朱印をお受けになる皆様へ大切なお願い》

・書き置きの限定御朱印は準備数が無くなり次第終了とさせて頂きます。
・帳面へ直接お書き致します御朱印につきましては、御朱印帳の種類やサイズ、書き手によって画像のデザインとは若干異なる場合がございます。
又、混雑状況によりお渡し迄に時間を頂戴する場合がございますので、ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

三月(弥生)の特別御朱印について

◆朔日(ついたち)特別御朱印《金・白金》

•3月1日〜
《金》
毎月朔日限定で御朱印帳に直接お書き致します。
毎月お受け頂く事により、より多くの福が集まると言われております。

《白金》
特別な月の朔日限定で一年を通して数回のみのお頒かちとなっております。
今回は3月1日に限り御朱印帳へ直接お書き致します。
※金・白金いずれもお朔日以外でご希望の方には、御神前にてご祈祷致しました書き置きを各日枚数限定でお頒かち申し上げます。

Read more