社紋

ごあいさつ

戸越八幡神社の紹介

当神は人皇百四代後柏原天皇の大永六戌丙年(1526年)八月十五日、村内藪清水水源地から御神体が出現し、行永法師が草俺に奉安して、山城国(京都府)石清水男山八幡宮の御分霊を勧請して倶に祀ったのが、創立の起源であると伝える。

御祭神は誉田別命「応神天皇」で、深く内外の政治に意を用いて、文学を奨励し殖産興業を盛にし多くの池溝を開き灌漑の便を計り、大船を作って交通の道を開き、朝鮮の百済王から縫衣工女真毛津を呼び、弓月君が百二十七県の民を連れて帰化し養蚕絹織を始め、阿直岐が良馬を引いて来博士王仁が論語千字文を携えて来た。

その他縫工造船の技術を盛にされた。

天皇は厄除開運の御神徳と共に、我国文教の祖、殖産の守護神として崇められる。

御陵は恵我藻伏岡陵で、大阪府南河内郡南大阪町にあり古墳としては仁徳天皇陵に次いで二番目の大きなものである。

本殿

本殿

安政二年再建

御祭神:誉田別命
例大祭:九月第二土曜・日曜

稲荷社

稲荷社

昭和四十一年再建

御祭神:豊受姫命
例祭日:二月初午日

春日社

春日社

昭和四十一年再建

御祭神:天兒屋根命
例祭日:三月十三日

本殿

本殿

安政二年再建

御祭神:誉田別命
例大祭:九月第二土曜・日曜

稲荷社

稲荷社

昭和四十一年再建

御祭神:豊受姫命
例祭日:二月初午日

春日社

春日社

昭和四十一年再建

御祭神:天兒屋根命
例祭日:三月十三日