2019年6月28日 戸越八幡神社

熊森(くまもり)紙芝居~憩いの杜から~

我々人間は日々大きな自然の流れの中で、その恩恵を受け生かされている存在です。絶妙なバランスのもとに成り立っているその自然を乱し、壊してしまっているのもまた我々人間ではないでしょうか。忙しい日々の生活においては、その存在の大きさを感じる事も感謝の心を持つこともなかなか容易な事ではありません。そのような中で戸越八幡神社の森は、鎮守の杜(もり)と呼ばれ小さいながらも永きにわたり御社殿と八幡様を護り氏子地域の皆様の生活を見守り続け、お参り下さる方々にとっては身近に『自然』を感じて頂ける存在でもあるのではないかと考えております。

鎮守の杜を通して、自然・動植物の保全活動への関心を少しでもお持ち頂ければとの思いから『熊森(くまもり)芝居』を以下の日程で上演していただく事になりました。

自然や動物を守る為には、『自分以外のものの事も考え、共に生きていこうとするやさしい心』が大切であるという事を小さなお子様から大人まで分かりやすく学んで頂けるお話です。可愛い動物たちのグッズなどもご用意しておりますので、ご友人やご家族お誘い合わせの上お出かけ下さい。

<くまもり紙芝居上演日時>
令和元年(2019年)6月30日(日)
第1回  11:00〜
第2回  13:00~
第3回  15:00~

戸越八幡神社神楽殿前広場(雨天時:戸越八幡神社社務所内)
※当日の天候や混雑状況により上演時間を変更させて頂く場合がございますので予めご了承下さい。
【主催:一般財団法人日本熊森協会 http://kumamori.org】